学生懇談会(秋田県、高知県)を開催しました(11/27/Tue)

 平成27年度から、学生により具体的に卒後の勤務等について考えてもらう機会として、卒業生の先生とその出身県の学生との小規模懇談会を開催しています。

 今回は秋田県25期の松本歩先生にお越しいただき、秋田県出身の学生10名、また松本先生の旦那さんのご出身である高知県出身の学生4名の計14名の学生が出席しました。

 始めに出席者から一言ずつ自己紹介を行い、続いて松本先生から卒後から現在までをスライドを使ってお話しいただきました。松本先生は現在、本学の人類遺伝学研究部・講師、また小児科を併任しておられます。義務年限中は結婚協定により、秋田県高知県それぞれの県で勤務されたご経験をお持ちです。また、義務年限中にご出産し、義務終了後は大学院に進学されています。学生は松本先生のお話に真剣に耳を傾けていました。

 松本先生からは「義務年限中はずっと悩んでいたが、義務が終わっても何かしら悩み事はある。現在、研究していても思うように結果は出なかったりするので、何事も楽しんで過ごしたほうが良い。」、「英語は学会や論文など、使用する機会が多いので、苦手な方は地域にいる間、時間がたっぷりあるので勉強をしたほうが良い。」とご自身のご経験を踏まえたアドバイスをお話しいただき、非常に参考になりました。
 参加した学生からは「日頃、出身県の卒業生の先生とお話しできる機会は少ないため、今後のキャリアを考える上で良い知見となった。」と感想をいただき、卒後について理解を深められたと同時に、卒後に対する疑問の払拭や安堵に繋がったのではないかと思います。

 質疑応答でも学生からの疑問にお答えいただき、実りの多い時間となりました。
 今回の機会が、今後、学生が卒後の勤務について考えていく上で参考になれば幸いです。

学生懇談会アンケート結果報告(別紙)

f:id:chisuiwomen-jichi:20181127175436j:plain

f:id:chisuiwomen-jichi:20181127182303j:plain

 

岩手県盛岡市で女性卒業生の勤務状況調査を行いました(11/25 Sun)

 

 昨年は新潟県新潟市で開催した勤務状況調査(女性医師の集まりの会)ですが、今年は岩手県盛岡市で行いました。

 

 会は、11月25日(日)、盛岡駅近くのホテル東日本盛岡のレストラン「豪華」にて行い、女性卒業生は赤坂真奈美先生(16期)を始めとして6名の方にご参加いただきました。

 大学からは牧野伸子卒後指導副部長(女性医師支援担当)、山本さやか先生(女性医師支援担当)が参加しました。

 

 会は牧野副部長のご挨拶に始まり、大学の女性医師支援に関する取り組みについて山本先生よりご説明いただいた後、出席者からそれぞれ自己紹介をいただき、意見交換を行いました。

 

 会では現在の勤務、子育て、義務年限中を振り返って等、多岐に渡って意見が交わされました。

 会の後半は意見交換&フリートークとし、ご出席いただいた先生方にお話しいただきました。普段は地域で活躍している卒業生の先生方ですが、このように一堂に会することで、子育て中の先生が日頃から抱えている悩みを先輩の先生方に相談し、心強いアドバイスに耳を傾けている姿が印象的でした。お話を伺う中で、周囲や自分の理想と自分の現状を比較し、十分な達成感が得られない、卒業生の自己肯定感の低さが感じられました。

 

 J-PASSの活動は、卒業生に自分をもっと認めて肯定してあげてほしいという思いで取り組みを行っています。会の冒頭では、牧野副部長より「この会を開催することで、岩手県内、また岩手県自治医大のネットワークを築いていきたい」というお話がありましたが、このような会がきっかけとなり、それぞれが胸に抱える悩みや思いをお話しできる関係づくりの一助となり、自分を前向きに捉えられる契機となれば幸いに思います。

 

 あっという間に2時間が過ぎましたが、短い時間ながらも充実したご意見を伺うことができました。

 お集まりいただいた先生方ありがとうございました。

 また、開催するにあたり多大なるご協力を頂きました赤坂先生に重ねて御礼申し上げます。

f:id:chisuiwomen-jichi:20181125123654j:plain

f:id:chisuiwomen-jichi:20181125143500j:plain

 

上段左から

中野美紀先生(岩手30期)、叶城倫子先生(岩手28期)、高橋清香先生(岩手29期)、田鎖愛理先生(岩手28期)、冨澤洋子先生(岩手39期)、地域医療推進課

下段左から

山本さやか先生(宮城25期)、赤坂真奈美先生(岩手16期)、牧野伸子先生(大阪10期)

 

卒業生リレーエッセイvol.20

 自治医科大学メールマガジンで配信している『女性医師支援NEWS』より、卒業生リレーエッセイを掲載します。

 今回執筆いただいたのは、長野県25期の吉岡美香先生です。

 

吉岡美香先生〔リレーエッセイvol.20〕

 

 吉岡先生執筆いただきありがとうございました。

  次回のリレーエッセイもお楽しみに!

卒後ワークライフバランスについて考える会 2018年度ブロック担当会議を開催しました(8/31/Fri)

 

 平成30年8月31日(金)、フクラシア東京ステーション(東京)にて「卒後ワークライフバランスについて考える会2018年度ブロック担当会議」を開催しました。平成25年度からスタートしたこの会は今回で6回目の開催となりました。

 

 会は、山田俊幸卒後指導委員長の挨拶に始まり、地域医療推進課長の進行によりブロック担当者、および学内者から1年間の報告が行われました。

 

 その後、全体討論が行われました。テーマを「卒業生の地域における支援体制の模索~広報戦略の具体化について~」と題して、実際に卒業生からあがった支援を求める声や相談のあった事例などを参考資料として、ディスカッションを行いました。昨年度、本会名義で発行したリーフレットの認知度があまり高くない都道府県もあることや学内で実施している講演会の広報の仕方について等、様々なご意見をいただきました。ただ配付するだけではなく、どのようにアプローチしたら興味を持って見ていただけるのか、若い世代への広報活動の重要性とともに、難しさも実感した会となりました。いただいたご意見を参考に、今後の広報活動について検討していき、また来年度の会議の場に繋いでいけたらと思います。この内容については年度末に報告書として発行する予定です。

 

 この場をお借りして、遠方よりお越しいただいた卒業生の先生方に感謝申し上げます。

 

自治医大卒業生女性医師支援NEWS(PDF)

 

f:id:chisuiwomen-jichi:20180831132530j:plain

f:id:chisuiwomen-jichi:20180831133259j:plain

≪今回ご参加いただいた女性卒業生≫

・十枝めぐみ先生(香川13期) ・白石裕子先生(島 根17期)

・横谷 倫世先生(奈良21期) ・定金 敦子先生(福岡22期)

・影向一美先生(新 潟24期) ・渡邉ありさ先生(埼玉24期)

・新井 由季先生(栃木25期) ・山本智美先生(北海道33期)

卒後ワークライフバランスについて考える会2018 in Jichiを開催しました(7/1/Sun)

 

 平成30年7月1日(日)、医学部学生寮にて卒後ワークライフバランスについて考える会2018 in Jichiを開催しました。女子学生25名、男子学生7名、卒業生17名を含む合計64名の方にご参加いただきました。

 

 今回のテーマは「ワークライフバランスとキャリアの進展~自治医大生でよかったこと、悪(!?)かったこと~」です。講演会では、赤坂真奈美先生(岩手県16期)、横谷倫世先生(奈良県21期)、松平慶先生(東京都34期)から義務年限中・義務年限後の過ごし方や仕事と家庭を両立していく様子についてご講演いただきました。

 

 卒後、それぞれに異なる道筋を歩む3名の卒業生のお話は大変興味深く、同じ自治医大を卒業しても、働く環境や何を大切にするかで変わってくるのだと改めて感じました。

 講演では在学中のことから現在に至るまで、義務年限中のお話、義務が終わってからのキャリアについてなど、他ではなかなか耳にすることのできない話題に熱心に聞き入っている学生の様子が非常に印象的でした。

 

 その後はグループワークと懇談会を行いました。

グループワークでは、「10年後のわたしを想像してみましょう~自治医大生でよかったこと、気になったこと~」をテーマとしてディスカッションをしていただきました。学生は講演や卒業生のお話を受けて、自分の10年後について具体的にイメージを膨らませながら、自治医大生でよかったこと、また将来心配に思っていることなどを話し合いました。

学生からは「心配事もプラスにとらえれば、よかったことにつながるということがわかった」といった意見や「自治医大の良さを改めて確認して、前向きな気持ちになれた」といった意見も聞かれました。

 

 参加者から「もっとお話ししたいくらいでした…」という意見が聞かれるほど、会は盛況となりました。学生からの感想では「先輩の先生方が実際にどのように働いているのか知る貴重な機会となった」との意見も聞かれました。

 

この会が、卒後のどこかのタイミングで役立てられたり、困ったときに相談相手がいる関係性づくりの一助となり、卒後について不安に思う学生にとって、ほんの少しでも支えになれたら幸いに思います。

 

講演会の様子については、地域医療推進課のホームページにて動画を公開しておりますので、ご覧いただければと存じます。

地域医療推進課HP・卒業生女性医師支援

 

 会を開催するにあたり、お忙しいところ遠方よりご参加いただきました卒業生の先生方に感謝申し上げます。

 

自治医大卒業生女性医師支援NEWS(PDF)

アンケート結果(PDF)

 

集合写真

f:id:chisuiwomen-jichi:20180701122249j:plain

 

講演①赤坂真奈美先生

ワークライフバランスとキャリアの進展~自治医大生でよかったこと、悪(!?)かったこと」

赤坂先生ご講演動画

f:id:chisuiwomen-jichi:20180701102957j:plain

・診療所での一人勤務時に妊娠を2回された経験談

・義務年限終了後、地元医大へ入局されたキャリアについて

・無床診療所、中核病院、大学病院と3形態の機関に勤務されたご経験から、赤坂先生のご意見を交えながら勤務形態について比較し、よかったところ、大変だと感じたところについてご講演いただき、とても参考になりました。

 

講演②横谷倫世先生「患者さんと向き合い20年~診療所、地域の病院を経て大学へ~」

横谷先生ご講演動画

f:id:chisuiwomen-jichi:20180701105655j:plain

・どんな医師になりたいのか?消化器・総合外科を選んだわけ

・診療所勤務で学んだこと、地域中核病院で過ごした10年間を振り返って

・子育てをしながら地域中核病院に勤務し、外科の専門医を取得された現役の外科医の横谷先生。医師として患者さんの苦悩と向き合い、患者さんの生活や人生を大切にし、医療者として何をすべきか考えるように心がけているという、横谷先生のお人柄が伺えるご講演をいただきました。

 

 講演③松平慶先生「育児&離島医療」

松平先生ご講演動画

f:id:chisuiwomen-jichi:20180701112418j:plain

・東京都のへき地医療について~離島医療と山間部医療~

・へき地勤務と育児について~松平家ワークライフバランス

・松平先生は義務年限中に育児休業を取得された経験をお持ちです。当日は、奥さまの松平恭子先生(東京都35期)にもチューターとしてご参加いただきました。現在ご夫婦で義務年限を履行されていますが、仕事と育児を両立されているお姿がとても印象的でした。

 

f:id:chisuiwomen-jichi:20180701132805j:plain

・お弁当を食べながらグループ毎に懇談。 どのグループも非常に盛り上がっており、最後の発表では他のグループからの様々な意見に対し、会場からは感嘆の声があがったりしました。4月から附属病院で後期研修中の卒業生、本学で講師をされている卒業生も会に参加してくださいました。

 

卒業生リレーエッセイvol.19

 自治医科大学メールマガジンで配信している『女性医師支援NEWS』より、卒業生リレーエッセイを掲載します。

 今回執筆いただいたのは、東京都25期の吉村裕子先生です。

 

吉村裕子先生〔リレーエッセイvol.19〕

 

 吉村先生執筆いただきありがとうございました。

  次回のリレーエッセイもお楽しみに!

卒業生リレーエッセイvol.18

 自治医科大学メールマガジンで配信している『女性医師支援NEWS』より、卒業生リレーエッセイを掲載します。

 今回執筆いただいたのは、青森県25期の伊藤香葉先生です。

 

伊藤香葉先生〔リレーエッセイvol.18〕

 

 伊藤先生執筆いただきありがとうございました。

  次回のリレーエッセイもお楽しみに!